So-net無料ブログ作成
チャトラ ブログトップ

ハニーサックルに囲まれて。 [チャトラ]



上段と中段の写真は、昨年の春に、茨城別宅のウッドデッキの様子を写したものだ。
今は亡きチャトラ(メス)と、その相棒マーブル(オス)だ。
いつも一緒に行動していた2匹。
チャトラは何者かに殺されてしまい、マーブルは飼い猫だったが、
飼い主の一家が引越し、捨てられていった。
ご近所の人が、マーブルの飼い主が引越しの準備をしている時に
「猫も連れて行くんでしょう?」と聞いたら、「勝手に来ていた猫なので。」
と言って、結局、置いていった。
‘マーブル’という名前は、この家族がつけていた名前だ。
茨城のご近所では、マーブルのことを、「ブチ」「シロクロ」など、
それぞれ好きな名前で呼んでいる。
ホームレスになったマーブルは、毎日、大変だ。
餌の獲得、なわばり争い・・・耳をかまれたらしく、けがをしている。
相棒のチャトラも失い、本当にかわいそうだ。
下の写真は、この間、茨城へ行った時のものだ。
マーブルが、裏にある勝手口まで来た。
マーブルの下は、ハリネズミのスリッパ。
履いているのは、まーすけだ。

また、今年も、ハニーサックルの季節がやってくる。
天国のチャトラも、ホームレスになったマーブルも、
また、ハニーサックルに囲まれて、
ゆっくり、おやすみ。


nice!(0) 

チャトラ、天国で、会おうね。 [チャトラ]


朝、チャトラの夢を見て、目が覚めた。
チャトラとは、茨城別宅に、よく遊びに来ていた野良猫だ。
野良猫、と言っても、ものすごく人なつこい性格だった。
「多分、飼われていて、捨てられたんだね。」と、近所の人達が言っていた。
ある日、チャトラが家に来て、お腹を見せてごろんごろんしていた。
その時、チャトラのお腹の毛の半分が、何かで剃られているのに気がついた。
その次に茨城別宅へ行った時には、チャトラは何かに怯えるようにして落ち着きがなく、
よく見ると、今度は、お腹の毛が3ヶ所、丸く切りとられていた。
その2週間後、茨城別宅へ行った。
チャトラは、もう、どこにも現れなかった。
近所の人達が、「チャトラは、殺されたらしいよ。」と、言った。

茨城のご近所さんは、皆、ガーデニングに精を出している。
でも、残念なことに、「猫大好き派」と、「猫大嫌い派」に分かれる。
「猫大好き派」は、庭にウンチをされても、庭の土を掘ってだまって埋める。
「猫大嫌い派」は、庭にオシッコをされても、「大事な花になんていうことを!」と、激怒してしまう。

どうして、花が好きなのに、猫が嫌いなの?
どうして、共存できないの?
あまりにも、悲しい。悲しすぎる。

チャトラ、今度会うときには、人間も動物も植物も、仲良く共存できる世界に、生まれようね。
チャトラ、また、会おうね。
そして、パンチ、チャトラの分も、元気で生きるんだよ。

(写真は、昨年春、茨城別宅の裏庭で、ピンクのタイツリソウの横でポーズをとるチャトラ。)


nice!(0) 
チャトラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。